頭皮細胞の再生で薄毛改善できるのか

医学の進歩はめまぐるしいですが、そうした中で、東京医科大などが自分の頭皮細胞から毛髪を再生するという研究が行われており、年内に臨床研究が行われるみたいですね。

これからは薄毛を手術で治療する時代になるんでしょうかね。臨床研究まで進んでいるということは結構進行していると言うことになるんでしょうかね。

今回は加齢に伴い薄毛になる症状「壮年性脱毛症」の患者の毛髪を細胞移植により再生する治療法としておこなうみたいですね。

治療方法はメスで切ったりするという方法ではなく、毛髪の形成に関わる細胞を培養して脱毛部に移植するという方法みたいですね。

この方法ならメスで頭皮を切ったりする必要がないので、患者に負担が少なく行えるのでかなり患者側にもメリットがあるみたいですね。

育毛剤を毎日使う従来の治療法と比べて、一度の治療で効果が長く続くようになるので、育毛界では大きなニュースですね。

とは言っても実際に行うとなると費用がかなりかかりそうですよね。植毛クラスの料金がかかりそうで、一般人に手が出る金額なのか気になるところではないでしょうか。

また「壮年性脱毛症」もいいですが、個人的にはAGAの治療の臨床実験を早くやってほしいところですね。債務整理比較ランキング