ギリシャでは玉ねぎとハチミツで育毛剤を作っていた

古代ギリシャの話ですが、昔は玉ねぎとハチミツで育毛剤を作っていたという話があります。他にも古代ローマでも、鳩の糞や山羊の尿をすり込むという方法があったりします。

昔からハゲの悩みは根深かったというはなしでしょうかね。江戸時代の日本でも薄毛は非常に大きな問題になっており、現代とは違った社会的な問題になっていたみたいです。

江戸時代の場合にはちょんまげを結えるかどうかが非常に大事だったみたいですね。ある意味ではこれが結えるかどうかが武士としての当然の身だしなみだった身です。

そのためちょんまげが結えないような状況になったら隠居生活になるみたいですね。若ハゲでAGAとかになってしまっていたらどうするんでしょうかね?

ちょんまげが結えないということで20代で隠居生活ということもありえたということでしょうかね。そもそもちょんまげ自体が非常に髪の毛に負担がかかりそうなのでさらに深刻ですよね。

そういった意味では自分の生活に直結するような問題だったみたいですね。それに比べれば現代では薄毛になったら最悪でも坊主にするという選択肢もあるのでまだましかもしれないですね。

江戸時代の人は薄毛で現代人よりも苦労していたということがわかりますが、そんな現代でもまだ薄毛の悩みは深刻なんですよね。葬儀社の費用相場