結婚すると奨学金返済は夫に移るのか?

奨学金返済で苦労している人って多いんですよね。学部によっては1000万円近くの借金を背負うということになる可能性があるので非常に厄介です。

そこで気になるのが結婚した場合です。妻が奨学金を得て学校に通っており、その奨学金の返済が残っているような場合に、妻の奨学金を夫が返済する必要があるのかということです。

普通なら自分の奨学金は自分で返すのが筋だと思うのですが、結婚して専業主婦になりたいという妻の場合に、夫に返済義務が生じるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

結婚して子供が小さい場合なら夫がその間は返済すると言うのは納得だと思いますが、子どもが学校に通うようになって手があいたらパートなどでしっかりと自分の借金は返済して欲しいと思うのは夫としては当然ですよね。

で結論から言うと、結婚前の借金については配偶者に返済の義務はないということです。当然ですよね。結婚前の個人の借金まで結婚後に配偶者が払わないといけないなんてことになったら、借金まみれの人は返済よりも婚活に勤しみますからね。

奨学金も同様で、結婚前の奨学金は配偶者は支払う義務もないです。結婚すれば奨学金は夫が払ってくれるという安易な考えでいると後悔することになるかもしれないですね。妊活サプリ

不倫の慰謝料の相場を知りたい

不倫をする男女は今も昔も変わらず存在しますが、ばれてしまったら結構大事になりますよね。男性の場合は不倫が原因で会社で左遷されてしまったりなど日常生活に大きな影響を与えます。

また確実にあるデメリットが慰謝料請求ということだと思います。慰謝料は不倫の長さなど色々な要因によって左右されがちなものですが、相場がどれくらいなのか知りたい人もいるみたいですね。

まあ、知りたい人は現在不倫中の人でしょうかね。あとはもしかしたら将来不倫するかもしれないと感じている人だと思います。

場合のもよりますが、不倫された奥さんから500万円や1000万円クラスの慰謝料を請求されるケースもあるみたいですね。

何も知らない人はこの金額を受け入れなくてはならないと思っている人も居るかもしれないですが、現実にはこういった金額は法外です。

基本的に慰謝料の相場は200万円くらいなので、それ以上の多額な請求額に対しては交渉することによって減額できるか可能性が高いです。

また慰謝料は不倫しているもう人のほうにも負担をさせることができるので、妻が女性に慰謝料を請求した場合に、女性が支払った額の半分を払うように請求できるということになります。

このように考えるとかなり不倫の慰謝料って軽減できることがわかるのではないでしょうか。不倫をするにも法律の知識が大事なようですね。ワキガ

最高の妊娠適齢期は何歳なの?

妊娠適齢期と呼ばれる時期は20代から35歳くらいまでとされていますが、具体的にいつが一番妊娠に適した時期なのでしょうか?

生物学的に妊娠に適した時期は決まっているのをご存知でしょうか?人間の生物学的な妊娠適齢期は25〜26歳くらいになります。

これくらいの年齢が目安になってくるのですが、現代ではこれくらいの年齢だとまだ妊娠するには若いという感じる人も多いのではないでしょうか。

おそらく多くの人が30代前半くらいを想定していると思います。ただ初婚年齢は年々高くなっているので、妊娠を希望するタイミングもどうしても遅くなりがちな現状があります。

近年の女性は仕事や趣味などに若い時間を使うことが多く、そういった背景があって、30代半ばになってようやく婚活する人も多いです。

まあ仕事や趣味に若い時間を使うことは悪いことではないですが、妊娠や出産について意外と深く考えないで活動してしまって30代後半になって後悔する人も結構多いインですよね。

卵子は年齢とともに確実に劣化してしまいますので、産みたいと思ったときに、既に高齢出産の年齢の35歳になってしまっているという人も珍しくないです。

高齢出産になるとそれだけ妊娠する可能性も低くなるので注意しましょう。母乳育児

配偶者控除撤廃で専業主婦が夢に

専業主婦世帯への課税強化ということが国会で議論されていて、さらに少子高齢化が進みそうな勢いですが、どうなんでしょうか?

昔は婚活して専業主婦になりたいと思っていた女性が藻多いと思いますが、専業主婦世帯への課税強化という事態になるとそれが夢になる可能性すらありますね。

政府としては配偶者控除の代わりとして夫婦控除が作られるみたいですが、どうなんでしょうかね?そんなにあっさりと成立するのかちょっと疑問ですね。

まあ、成立したとしても配偶者控除よりも内容は良くない控除になるのは間違いないですね。そうでないと税金が減るので、間違いなく夫婦には不利になる内容になると思います。

ただ夫婦控除の基準額が800〜1000万くらいとされるのはそこまで悪くはないと思います。

共働きならこの金額を超える可能性がありますが、夫が働いて妻がパートという場合だと超えないケースも多いのではないかと思います。

そのためパートで働く女性には良いかもしれないですが、どれくらいの控除があるのかが疑問ですね。

まあ、こういった女性の働くための法整備よりはもっと保育所を作るような施策に力を入れて欲しいところですけどね。

こういった法制度によってさらに結婚する男性が不利だと感じないようにすることも大事だと思います。精力剤比較ランキング

借金のリボ払いで債務整理する人は多い

昔はアメリカがリボ払いが盛んな借金大国だったのですが、リーマンショックでそういった風潮がなくなって借金ゼロが美徳とされるような風潮になっています。

その反対に日本が近年になってクレジットカードのリボ払いで借金が多くなっている人が増えてきています。

クレジットカードで買い物をするとその借金を決済日に銀行からの自動引き落としで返済すると言う感じになりますが、それで支払が遅延しないような問題ないですが、そうでないと利息が付くことになります。

クレジットカードのリボ払いや分割払いって結構高い利息が付くんですよね。さらに残高を返し終える前に借金を重ねることができるので、いくら返しても借金が減らないということにもなりかねないです。

消費者金融からなどの借金は借金として認識しやすいですが、クレジットカードのリボ払いは、借金と気づきにくい側面があるので注意が必要です。

実際には消費者金融の借金と同様に、しっかりと利息が取られていることを知るべきだと思います。

こういったクレジットカードによるリボ払いは非常に手軽でいいですが、それが癖になると問題になる可能性があります。

私の場合はクレジットカードは1つだけで、しかもリボ払いはせずに翌日にすべて決済すると言う自分ルールで利用しています。若ハゲ対策

頭皮細胞の再生で薄毛改善できるのか

医学の進歩はめまぐるしいですが、そうした中で、東京医科大などが自分の頭皮細胞から毛髪を再生するという研究が行われており、年内に臨床研究が行われるみたいですね。

これからは薄毛を手術で治療する時代になるんでしょうかね。臨床研究まで進んでいるということは結構進行していると言うことになるんでしょうかね。

今回は加齢に伴い薄毛になる症状「壮年性脱毛症」の患者の毛髪を細胞移植により再生する治療法としておこなうみたいですね。

治療方法はメスで切ったりするという方法ではなく、毛髪の形成に関わる細胞を培養して脱毛部に移植するという方法みたいですね。

この方法ならメスで頭皮を切ったりする必要がないので、患者に負担が少なく行えるのでかなり患者側にもメリットがあるみたいですね。

育毛剤を毎日使う従来の治療法と比べて、一度の治療で効果が長く続くようになるので、育毛界では大きなニュースですね。

とは言っても実際に行うとなると費用がかなりかかりそうですよね。植毛クラスの料金がかかりそうで、一般人に手が出る金額なのか気になるところではないでしょうか。

また「壮年性脱毛症」もいいですが、個人的にはAGAの治療の臨床実験を早くやってほしいところですね。債務整理比較ランキング